1年生から症例に学ぶ-(前編)

医学生の皆さんが今まさに受けている「医学教育」は、近年大きな変化の渦の中にあります。2004年の臨床研修必修化はもちろんですが、医学研究の成果や新しい技術の開発に伴って学習内容は増加し続け、ここ10年だけでも新しい取り組みがどんどん進んできています。そんな医学教育の今後の展望について、様々な実践・取り組みの最前線で活躍する先生を取り上げ、シリーズで紹介していきます。

臨床現場で活躍できる医師を育てる

長谷川仁志先生

1年生から症例を使った問題解決型の授業を行う

インタビュー冒頭から、長谷川先生は熱く語り出した。

「循環器の臨床医だった私が、大学で医学教育に関わることになった時、まずやろうと思ったのは『問題を解決する力』を高めることでした。今は昔と比べて各科で教える内容が数倍になりましたから、その中でどれが大事なのかを判断できず、学生がとにかく知識を詰め込んでいる状態なんです。だから医師免許を取って現場に出てきた時、知識は多いけれど、患者さんの問題をどう解決していくかはトレーニングしてきていない人が多い。『これじゃいけない!』というのが出発点でした。」

しかし、ただでさえ学習内容が増加している医学部では、どの学年のカリキュラムにも余裕はなかった。そこで長谷川先生は、医学部に入ったばかりの1年生に「考え方の基本」を教える授業を始めた。基礎系の学習をする前から、臨床でよくある症例を使った、問題解決型の演習授業を取り入れたのだ。

「医学部に入ったばかりの1年生に、頭痛や胸痛といった、よくある患者の訴えを題材に*PBLを行うんです。胸痛といっても、狭心症や心筋梗塞、肺疾患から胃潰瘍、逆流性食道炎、膵炎など、いろいろな疾患がありますから、それを全部やるんです。すると例えば、痛む場所が違う、痛みの種類が違うという場面が出てくるので、内臓痛の場所や感じ方の違いは神経の走行に関連していることも説明して、来年の解剖実習の時にはそういう問題意識を持って神経をみるように言うんです。」

医師になる夢を抱いて入ってきた1年生の多くは、症例に接することで学習意欲が高まり、解剖や生理を学ぶ意義を見出すこともできる。実際、通年で開講されている1年生向けの実習は大人気で、欠席する学生も非常に少なく、導入教育として機能していることがうかがえる。

自分で決めて解決する「問題解決」の力を高める

とはいえ、今の医学教育はまだまだ疾患を先に学ぶことが多い。けれど、実際に臨床に出ると、患者さんは疾患(病名)がわからない状態でやってくる。だからこそ、症状や本人の訴えをもとに何をどうやって調べ、どういうプロセスで問題を解決していくかが大事になる。

「結局、臨床現場で求められる医師は、そうやって自分で問題を定めて解決していく能力が高い人なのです。それができないと、結局患者さんやスタッフを振り回してしまい、信頼されなくなってしまう。

知識や経験はもちろん、時には先輩に聞く、インターネットで調べるということも含めて、自分でどんな検査をするか、何を調べるかを決めて実行する、そういう決断を医学生時代からトレーニングすることが大事なんです。その手段として、講義形式よりも症例を用いた*PBLや**TBLが適切なんですよ。」

*PBL(Problem-based Learning)…問題解決型学習
**TBL(Team-based Learning)…チーム基盤型学習


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら