DOCTOR-ASE COMMUNITY
サークル・医学生の活動紹介

心に笑顔が生まれる、未来が始まる。

Japan Heart

◆Japan Heartとは

Japan Heartは2004年、国際医療ボランティア組織として設立されました。代表である吉岡秀人医師は、自身の長年の海外医療の経験をもとに、医療活動の質のさらなる向上を目指して活動をスタートさせました。その活動はミャンマーから始まり、現在はカンボジアにも広がっています。日本から医師や看護師をはじめとする多くの医療者やボランティアを派遣し、実際の医療活動を展開している他、保健活動、人材育成活動、小中学校での保健室の整備、災害やエイズなど疾病による孤児たちの施設運営、視覚障害者自立支援活動など、活動内容は多岐にわたります。さらに海外だけでなく国内の医療者不足が深刻な離島や僻地に看護師などを派遣しています。また、国内外でがんと戦う子どもや家族に旅行や夢の実現をお手伝い、プレゼントするスマイルスマイル事業も行っています。これらの活動は全て「未来の閉ざされた人たちに、明るい未来を取り戻す」ことを目的としています。今後、さらに多くの日本の医療者と海外をつなぎ、海外、国内、たとえ人のこころの中であっても、できる限り医療を届けていきます。

◆基本理念

Japan Heartの基本理念は、「医療の届かないところに医療を届けること」です。それが海外であれ、国内であれ、人の心の中であれ、できるだけ届けていきたいと考えています。この理念は、長年国内外で実際に患者を治すという医療に従事してきた吉岡代表をはじめ、多くのスタッフがその経験を通して造り上げたものであり、決して観念的なものではありません。範囲は、海外医療に留まらず、国内僻地・離島や病に冒された子どもや患者たちのこころも含めて関わっていきたいと考えています。またスタッフ達は自らも真のボランティア精神を学ぶため、1〜2年間は無償・無給で働きます。

◆学生チーム・ニーニーちゃんプロジェクト

そんなJapan Heartの理念に共感した学生が集まってできたのが、私たちJapan Heart学生チームです。Japan Heart学生チームは現在、大学生6名、うち医学生3名で活動しています。昨年学生チームのなかで、ミャンマーのワッチェにあるJapan Heartの関連病院を受診した総排泄腔外反症の6才の女の子を募金により来日させ、手術してあげようというプロジェクトが立ち上がりました。クラウドファンディングを使って募金を集めた結果、600名を超える方々から300万円以上が集まり、ニーニーちゃんの来日が実現することになりました。2012年5月に来日したニーニーちゃんは国立病院機構岡山医療センターに入院し、手術は無事に成功。7月、ミャンマーへ元気に帰国していきました。ニーニーちゃんプロジェクトは、あくまで私たち学生チームの活動の始まりに過ぎません。より大きく、わくわくする形でJapan Heartを支援したい。メンバー一同はそう考えて、既に次のプロジェクトに向かって走り出しています。まだ活動を始めたばかりのチームなので、これから多くの方に参加してほしいと思っています。関心を持たれた方はぜひ下記連絡先までご連絡ください!

◆各種情報

URL http://www.japanheart.org/

Twitter @japanheart0121

『塔〜pile up〜』第10回 日本総会

IFMSA-Japan

『塔〜pile up〜』第10回 日本総会

ドクタラーゼをご覧の皆様、こんにちは。IFMSA-Japan(国際医学生連盟 日本)副代表外務担当の亀谷智子と申します。

今回は11月23〜25日に東京の国立オリンピック記念青少年総合センターにおいて開催されたIFMSA-Japan第10回日本総会のご報告をさせて頂きます。私達IFMSA-Japanは世界107カ国、100万人の医学生によるWHO公認の医学生団体IFMSAの日本支部として活動しています。

日本総会は年に一度全国の医療系学生が集まる IFMSA-Japan最大のイベントで、今年度は参加申し込み者が400人を超える大規模な会となりました。今回は日本人で初めてハーバードでMBAを取得された山本雄士先生を基調講演にお呼びしたほか、オープニングセレモニーでは元バーレーン王国厚生労働大臣、医師会長を歴任された同王国大使のDr.Hassanに現在世界が直面しているGlobal healthに関する問題についてのスピーチをして頂きました。

基調講演では「医療の全体像を俯瞰できる人間が少ない」という山本先生のメッセージが非常に印象深く、私達が将来どのような形で医療に関わるにせよ、自分の見ているものが医療の中でどこの位置にあるのかを意識した上でよりよい医療の実現に向けて議論していかなければならないと感じました。

また、この総会では例年IFMSA-Japanで活動する6つの委員会(基礎研究交換留学、臨床交換留学、公衆衛生、性と生殖・エイズ、人権と平和、医学教育)によるセッションの時間を設けています。

このセッションでは例年スタッフが普段の活動に絡めたテーマでワークショップを提供していますが、今回は皆この日本総会に向けて半年前から企画を始め、各々趣向を凝らしたワークショップを準備しました。交換留学の委員会では医学英語やプレゼンテーションについてのトレーニング、公衆衛生の委員会は世界の健康問題を俯瞰できるようなゲーム形式のワークショップと各プロジェクトによるワークショップ、人権と平和の委員会は在日外国人の医療問題からSocial determinants of healthを考えるワークショップ、性と生殖・エイズに関する委員会は恋愛に関するワークショップと当事者の方をお呼びしたセクシャルマイノリティについての講演会、医学教育の委員会は人生ゲーム形式で様々な状況下における新生児のカンガルーケアについて、親の立場からディスカッションをするワークショップとコミュニケーションのトレーニングなどを用意し、どのセッションでも参加者による積極的なディスカッションが交わされていたのが印象的でした。

日本総会ではこの他にも医療接遇やクリニクラウン、鍼灸、医学英語、疫学調査、ファシリテーションなど様々な分野の先生をお呼びしたマスターレクチャーや学生トレーナーによるコミュニケーションスキル、リーダーシップなどのTraining、IFMSA-JapanのOB・OGをお呼びしたテーマイベントなど多彩な企画が盛りだくさんです。夕方までみっちり議論、勉強した後はパーティーで全国の仲間と飲み明かし、非常に濃い3日間となりました。日本総会以外にもIFMSA-Japanの活動やイベントはまだまだありますので、今回参加できなかった皆さんもぜひ、WEBページ(ifmsa.jp)にアクセスして頂けると幸いです。


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら