大解剖!医療保険のしくみ

座談会「これからの医療保険制度」(前編)

日本の医療保険のしくみについて理解できたところで、湧いてくる様々な疑問について、医学生3名が日本医師会の中川俊男副会長に聞きました。

私たち日本医師会は、すべての国民が、公平な負担のもとで同じ医療を受けられることが公的医療保険の柱だと考えています。ちょっと堅い表現ですが、私たちの基本理念をまずは紹介します。

このような理念・方針について、質問や意見があればお願いします。

基本理念
  1. すべての国民が、同じ医療を受けられる制度
  2. すべての国民が、支払能力に応じて公平な負担をする制度
  3. 将来にわたって持続可能性のある制度
(日本医師会が考える公的医療保険制度の基本理念)

公的医療保険を全国一本化し、公平な負担を実現する

医学生A:現在は、加入する保険によって保険料の負担が違うという話を聞いたことがありますが、本当ですか?

中川副会長(以下、中):はい、現状では加入する保険によって保険料率が違います。そこで日本医師会としては、現状を変えていくため、公的医療保険を全国一本化することを提言しています。それによって、住んでいる地域や職業にかかわらず、公平な負担を分かち合うことができ、かつ保険運営の効率化にもつながります。

もちろん制度を一本化した後も、現在と同じように、高齢者や低所得者に配慮して保険料や負担割合を調整する必要があります。特に高所得者の保険料については見直すべきと考えます。現在は国民健康保険でも被用者保険でも、保険料に限度額が設けられています。つまり一定以上の所得があると、保険料をそれ以上支払わなくてもよいという上限があるということです。この上限を引き上げ、高所得者からも所得に比例した保険料を徴収するようにすることで、保険料の増収を目指しています。


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら