日本医科学生総合体育大会 東医体

第57回新運営委員始動!
運営本部長・運営部長の意気込み

群馬大学医学部運営本部
運営本部長 福田 怜雄

来年度の東医体は、最近の世の注目の的、群馬を中心に、関東の4校で主幹を務めます。北の地で奮闘されている第56回運営委員会は、よき手本であり、先輩方の教えを乞いつつ確実な準備をしていきたいです。新競技の開設も検討され、益々盛り上がる東医体。同じ大学、違う大学でも、多くの人との絆を作る機会として、一翼を担う大会に育って欲しい。優秀な後輩も控えている手前、4校で高め合い、今後の発展につなげていきます。

順天堂大学医学部運営部
運営部長 古屋 怜慈

運営部が始動して、1年が経ちます。来年度の東医体にむけ、他の運営大学の3校(みんなとても仲が良いです!)と日々準備を進めており、今年は私達が運営する番です。医師の先生方のご支援に感謝するとともに、先輩方のノウハウを受け継ぎ、無事東医体を開催できるよう努力していきたいと思います。

埼玉医科大学運営部
運営部長 神山 雄基

埼玉医大の運営部は文化部メンバーが多い異色のチームです。しかし東医体成功への情熱は他に負けていません。運営部は運営本部に比べて仕事は少ないので、その分運営本部をきっちりサポートします。歴史と伝統のある東医体を盛り上げていけるよう頑張ります!

日本大学医学部運営部
運営部長 中村 泰介

初めは東医体運営について右も左もわからなかった私ですが、この1年間先代の仕事ぶりを傍で見続けてきて少しは成長できたかなと感じています。ついに第57代が本格的に始動するということで不安もありますが、他の3大の方々と協力して楽しくやっていけたらなと思います。


冬季競技紹介&大会報告
スキー競技実行委員長 近藤 將史

クロスカントリーはここが魅力的!

クロスカントリーには様々な魅力があります。一つには、林道や山間を走ることで楽しめる景観や自然との触れ合い、また他には、仲間同士で隣あって走ることで生まれる団結や絆もあります。しかし、なによりも大切な魅力は、走り終えた後に生まれる達成感でしょう。コースの中で登りも下りも楽しめて、それが終わった後の達成感もひとしおなクロスカントリースキー。皆さんもチャレンジしてはいかがですか?

アイスホッケー結果報告!

12月に開催されたアイスホッケー競技では冬の寒さにも負けない熱い戦いが旭川の地で6日間に渡って繰り広げられました。大きな事故もなく無事に競技を終えることができ、競技実行委員を始め大会運営にお力添えを賜りました皆様には厚く御礼申し上げます。

第56回東医体を締めくくるスキー競技が3月に開催されます。我々運営部一同、東医体の成功に向けて取り組んで参りますので第56回東医体を最後までお楽しみください。


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら